部位によって異なる痛みの強さって?

光脱毛は、レーザーなどに比べると弱い出力で光を照射していくので、耐えられない痛みというレベルではありません。ですが、光脱毛の中で最も光を照射したときに痛みを感じる部分はVIOのゾーンだと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、特にVIOの毛というのは濃く太い毛質な傾向にあるので、その分他の部分より痛みを感じる傾向にあるようです。とはいえ、耐えられないというほどの痛みではありません。

また、敏感肌の人は通常の人よりも痛みを感じやすいと言われていますし、肌が黒い人というのも通常の人よりも光を照射した際に痛みを感じやすいと言われています。これは、肌が黒い人の方が光を吸収しやすいという特徴があるためです。そのため、敏感肌の人や肌が黒い人なども光脱毛を受ける際に痛みを感じやすいかもしれないという点は把握しておくと安心です。

痛みが強いのはVIOだとご紹介しましたが、VIOだけではなく濃く太い毛のある部分というのは、他の毛の薄い部分に光を照射したときに比べると痛みを強く感じてしまうことも想定されます。光脱毛はそこまで痛みは強くないですが、一般的に光脱毛を受けた際に感じる痛みとして挙げられるのが「輪ゴムではじかれたような痛み」と言われているのでその程度の痛みはあることも理解しておきましょう。

光脱毛の部位別の相場料金は?

光脱毛を受ける上でやはり気になってしまうのが料金でしょう。脱毛にかかる料金は、部位によっても大きく変化します。まず、両脇の場合、費用の相場は200円~2万円までとなっていますし、VIO部分に関しては2千円から4万円程度、腕は3千円から4万円程度、脚も腕と大体同じような相場になっています。価格はサロンによっても変化していきますが、大体この程度はかかると考えておくと脱毛を受ける際にも安心です。

脱毛にかかる料金に大きな開きがあるのが気になるところです。最低料金だと数百円などで光脱毛を受けることができる場合もありますが、これだけ安い価格設定というのはキャンペーン価格なためです。このキャンペーン価格はサロンによっては期間限定で設定されているケースも多いのでできるだけ安く脱毛をしたいという人は、脱毛サロンのキャンペーン情報を掲載しているサイトなどでチェックしておくと良いでしょう。

全身脱毛ではなく、部分的に体毛が濃い部分の毛をしっかりと処理したいと考えている方であれば、自分の身体の気になる部分のムダ毛を処理することができる部分脱毛を活用することで、ピンポイントで脱毛ができるのでムダ毛の気にならないボディを手に入れましょう。

光脱毛が受けられる部位は?

人の身体には身体を守るための体毛が生えています。そしてムダ毛として分類される部分は数多くあります。例えば顔のあたりであれば顎や鼻下、そして首の後ろの襟足付近です。また、上半身であれば脇や胸、乳輪周りやひじの上、背中など産毛の生える範囲を含めると広い範囲が脱毛の対象部位になります。個人差はありますが、特に上半身で毛が濃くなりがちなのが、頻繁にカミソリなどで脱毛を行う脇になります。上半身で脱毛を受ける場合は脇から始めるという人も多いでしょう。

そして、下半身といえばひざ上とひざ下、ひざ部分などが脱毛場所として対象になります。さらに、下半身の中で忘れてはいけないのがデリケートゾーンの脱毛です。VIOと呼ばれるデリケートゾーンは、非常に繊細な部分なだけに自分でムダ毛の処理をするのは大変な場所です。しかし、特に女性であればVIOは身だしなみの1つとして無駄な毛は脱毛して、整える場所はしっかりと整えておきたい部分です。

また、サロンによっても違いはあるかもしれませんが光脱毛で脱毛を出来ない部分というのもあるので知っておくと安心です。脱毛できない場所として代表的なのは、瞼の上や甲状腺の周り、そして光を照射することが出来ない鼻の穴の中の鼻毛や性器、乳首の粘膜部分などに関しては光脱毛が受けられないと言われています。当サイトでは光脱毛の部位に関する情報をご紹介します。これから光脱毛を受けようと考えている方は参考にしてみてください。